メリー・ジェーン

未分類

オトメドリ 下巻 悪夢のEncore

ハードな寝取られ物を得意とする実力派作家夏庵の著作コミック「オトメドリ」のアニメ化第2弾!前回の凌●劇が意外な展開で収束を迎える!今回は、前作にはなかった元気で明るい妹のHシーンが見所です。もちろん、乙女のHシーンもたっぷり用意しています。重すぎるストーリーで股間が萎えてしまいがちですが、それを超えるハードなHシーンは貴方の股間をV字回復させるでしょう。
未分類

秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 1st.舞散る桜

美紀男に密かな想いを寄せている舞桜は、思い切って旅行に誘う。二人きりの旅行が実現し、気持ちが高ぶる舞桜。対する美紀男は電車の席に着くと早々に眠りこけてしまった。いきなり肩すかしを食らったが、これからの事で舞桜の胸は期待で膨らむのであった。だが、そんな想いは、不意に現れた男の前では性欲をかき立てるネタにしかならないのであった…。
未分類

姦染 5 〜The Daybreak〜 下巻 レ●プパーティー

眼前で繰り広げられる凌●。茜梨はその場から逃げ出すことが出来なかった。それは恐怖からではなく、自らが持つ性癖によるものだった。毎夜、自分がレ●プされるところを想像しながら自慰行為に耽っていた茜梨。妄想ではない凌●劇は、レ●プ願望を持つ茜梨の官能を掻き立てていった。押し倒されたとき、言葉では拒絶するが、身体は徐々に性行為を受け入れていく…。茜梨の未成熟な女性器が凶悪なペニスに蹂躙されようとしていた…。
未分類

ツンツンメイドはエロエロです 上巻 ご主人様を躾けてあげる◆

牧尾栄春の穏やかな朝の一時を奪ったのは、聞き慣れた幼なじみの声だった。針山桐葉の毒舌は相変わらずだが、見慣れぬメイド姿であった。エプロンドレスであるが、胸元の大胆なカット、ミニスカートとオーバーニ―ソックスのエロメイドスタイルである。メイドフェチの栄春は思わぬ眼福を得て目を覚ます。格好もさることながら、栄春の事をご主人さまと呼ぶ言葉遣いも気になる。桐葉は栄春の両親の留守中に、身の回りの世話とエロ趣味の矯正を頼まれた為だと言う。加えてメイドの格好は、メイドに逆らえないメイドフェチの弱点を突いたものであった。そしてエロ趣味矯正のために桐葉が考案したメイドゲーム。提示された3つのご奉仕メニューはどれを選んでも損をしなさそうに思えた。甘くHなメイドゲームの幕が開く。
未分類

メスのちトラレ 上巻 ハメられた生徒会長

生徒会長の玲子はスタイルが良く、凛とした姿で学園内では憧れの的である。そんな彼女が頼りにしているのが副会長のシンタローである。見かけによらず力強くリードしてくれる所が好きで、彼とは付き合っている。学園祭の出し物を見回る二人。仕事とはいえ、玲子は二人きりの時間を楽しんでいた。最後の出し物、真っ暗迷路に入った時、玲子は身体の変調を感じていた。様子がおかしいことをシンタローに心配されるが、強がる玲子。だが強がってみたものの、身体の疼きが収まらずに立ち往生してしまう。そんな玲子の腕をとり、迷路の奥へ誘導する男。シンタローの頼もしさに、あらためて惚れ直す玲子。頼りがいのある手は、セックスを求め玲子の身体を這いまわる。身体の疼きが止められない玲子の抵抗は口先だけで、身体はセックスを受け入れようとしていた。シンタローは暗闇の中で、玲子を探していた…。
未分類

秘湯めぐり 隠れ湯 舞桜編 2nd. 手折られる可憐な桜

応えるべきは恋心か快楽の衝動か。前シリーズのサブヒロイン公星舞桜にスポットライトを当てた、新シリーズ第2弾!!前作では、最も嫌いな男に唇を嬲られ、処女を奪われてしまった舞桜。傷心の彼女に間髪いれず迫る凌●者。心では拒絶しても、男に従順な身体は抵抗できずにお尻の初めてまで奪われてしまうところは必見です。好きでもない男にメロメロに蕩けさせられる姿は、白い涙なくしては語れません!!
未分類

ツンツンメイドはエロエロです 下巻 メイドの躾けはお尻から

桐葉の考案で始まったメイドゲーム。エロ趣味矯正目的のはずが、栄春は桐葉と甘美な初体験をしてしまうのであった。これがきっかけで桐葉との仲が進展していくと期待をしていた栄春であったが、それが間違いであることを思い知らされるのであった。Hはさせてくれるが、桐葉に主導権を握られている一方通行なプレイでしかなかった。さらに、初体験のどさくさとはいえ、想いを告白した栄春に対する応えを桐葉は返していなかった。新たなご奉仕テーマを前に栄春はある決断をするのであった。
未分類

妹ぱらだいす! 2 上巻 ヒミツのヴァージンぶれいく◆

七瀬恵一は5人の妹達と一つ屋根の下で暮らしている。年頃で育ち盛りの妹達。そんな彼女たちの姿をみて恵一は、不健全な気持を持ってしまうことがしばしばあった。そして迎えた夏休み、恵一の両親は海外旅行に出かけて行ってしまう。理々奈は、両親不在の間に、だらしなくてエッチな兄がますます下品になっていくと思い、恵一に対して厳しい態度を取るのであった。だが、エッチ事は嫌いだといいながら、こっそりとオナニーをしている理々奈であった。そして恵一は偶然にもそのことを知ってしまうのであった。
未分類

メスのちトラレ 下巻 ハラまされた生徒会長

玲子の様子がおかしいことが気になっていたシンタローは、同じ生徒会役員の三咲に相談する。相談を受けた三咲は、玲子が文化祭の準備で忙しいから疲れているのではないかと考える。そこで遊園地にみんなで行くことを提案する。当日、待ち合わせ場所に来ない三咲。心配したシンタローが席を外したことを見計らったかのように玲子の携帯にメールが着信する。そのメールの内容を見た玲子は愕然とするのであった。
未分類

女子校生の腰つき 上巻 ビーチバレー部編

桐生沙織はビーチバレー部のレギュラーでありながら、あがり症の為に試合で実力を発揮できないでいた。それを克服する為に、コーチと特別な特訓をすることになる。夜の保健室、多数のギャラリーの視線に耐えるという名目でHな特訓がスタートする。ビーチバレー部のコスチュームであるビキニの水着の上から胸を揉まれ、卑猥な事を耳元で囁かれる沙織。その言葉が沙織のHな妄想を増大させ、特訓そっちのけでHに夢中になっていくのであった。
タイトルとURLをコピーしました