人気記事

水夏 〜SUIKA〜 さやか

未分類
水夏 〜SUIKA〜 さやか
美術の講義を開きながら『死』をテーマに絵を書き続ける画家、白河律の元で上代蒼司は絵を学び、律の娘さやかと付き合っていた。さやかは何故か父親を憎んでいた。そんな時、蒼司を慕う若林美絵が律に噂を打ち明ける。律は死体の絵を描くため、モデルを殺しているという噂だった。しかし、蒼司は律のアトリエでさやかの母親の死体が描かれた絵を見てしまう。そんなころ、美絵は律が病院で劇薬を手に入れるところを偶然目撃してしまう。知らせを聞いた蒼司はさやかの元に急いだ…。

WEB SERVICE BY FANZA

コメント

タイトルとURLをコピーしました